ブランドのグロース支援を行なっている『しるし株式会社』を応援! ー頑張ってる人の毎日を応援する番組「KiKYU」ー

2023.03.05 プレビューアイコン158

頑張ってる人の毎日を応援するSNS「KiKYU」と連動しスタートした番組「KiKYU」。

2023年3月5日(日)配信スタート分の内容をお届けします。

[配信日:2023年3月5日(日)]


出演者(敬称略)

◇特別応援団長

 あべこうじ

◇司会進行

 曽田茉莉江

◇ゲスト

 しるし株式会社 代表取締役 長井 秀興(ながい ひでおき)



応援団長あべこうじが、しるし株式会社を応援!


しるし株式会社 代表取締役 長井 秀興さん


今回のゲストは、ECを通じた「ブランドのグロース支援」を行なっている会社、しるし株式会社の長井 秀興(ながい ひでおき)さんにお越しいただきました!


ECを通じた「ブランドのグロース支援」といってもピンと来づらいですよね。

具体的に言うと

「メーカーさんのAmazonとか楽天の売り上げの成長を支援してる会社」なのだそうです。


詳しく伺っていきましょう!



売上支援ってどんなことをするの?


あべこうじさん


売り上げの支援というと具体的にどんなことをするのでしょうか?


伺うと、広告の運用、割引やセールの利用のほか、

目に見えない裏側の部分である在庫管理や物流コストを圧縮するなどといったところを全て巻き取っているとのこと。

あらゆる面からお客様を呼び込み、売上をあげていくための提案をしているのだそうですよ!


応援団長のあべさんに

「ECサイトに対するなんでも屋さん」

という称号をもらっていました!



「ブランド」という概念との出会い


いきさつを話す長井 秀興さん


どういった想いで始められたのかを伺ったところ、

「元々僕、P&Gという会社で『ファブリーズ』っていうブランドのマーケティングをやっていたんです」

と話し始める長井さん。


「P&Gってブランドとかマーケティングっていう言葉にすごくこだわる会社で、そこで初めて”ブランドの概念”みたいなものと出会ったんですよ」

と続けます。


ブランドをしっかり伸ばしていく上では、「ブランド棄損」と言われるような

ブランド(イメージ)を傷つけるようなこと(例えば転売ヤーに古い商品を安く売られてしまうなどによるネガティブな要素)をしっかり排除しながら伸ばしていく必要がある、ということで、

この両方をしっかり支援できるような会社、サービスがあったらいいのでは、と考えたのだということでした。



会社名の由来は…?


しるし株式会社 社名の由来


長井さんに社名の由来を伺いました。


「実は”しるし”という名前もブランドからきてます」


なんでも「ブランド」とは語源が「ブランドル(Brandr)」という「焼き印を押す」というところから来ているのだそうです。


昔、放牧をしていた時代に、自分の牛がわかるように牛に焼き印をしたことが起源なのだそう。


つまり焼き印を押す=しるしをつけるというところから、「しるし」という名前を取っているのだそうですよ!



ポジティブ馬鹿?ポジティブお化け?


ポジティブおばけー長井 秀興さん


最初から調子いいですか?という応援団長からの問いに

今の会社になってからは右肩上がりになっているものの、「独立してから(会社が立ち上がる前まで)はうまくいかない期間が長らく…」

と答える長井さん。


上手くいかない時期もメンタル的には「当たるまで絶対諦めないぞ」という気持ちで取り組んでいたそうです。


そうはいっても落ち込むこともあるという長井さんに、

ポジティブ馬鹿」「ポジティブお化け」のような感じがするという失礼(?)な応援団長なのでした。



仕事をしていて嬉しかったこととは?


曽田茉莉江さん


マリエさんからの「嬉しかったことは?」の問いには


「やっぱり一番嬉しいのは、採用した社員、メンバーが、

当然会社で働いている上でつらい時期もあるんですけど、それを乗り越えて一皮むけて成果を出した瞬間とかを目の当たりにすると

うわぁ、やっててよかったな…ってめちゃくちゃ思います。」


企業の成長だけでなく、社員の成長もしっかりと見ている長井さんです。



会社の夢や目標は?


あべこうじさん、長井 秀興さん、曽田茉莉江さん


今後のしるし株式会社の目標を伺いました。


長井さんによると、「ブランドの支援をしたい」という思いでやっているものの、ECのみにとどまっている現状があるといいます。


日本のEC化率は大体まだ8%くらいと言われていて、大半のものはリアル店舗で売れているのだそう。


ただ、そのリアル店舗で購入する場合も、商品を手に取り、Amazonや楽天のレビューをチェックするなどといったような「メディア的な役割」のように、デジタル周りでもっと支援の幅を広げてブランドの成長支援をしていきたいと語ってくださいました…


…が、


長井さんがまじめに熱く語る一方で、少し難しい話になってしまった結果、二人はおいてけぼりに。


応援団長のあべさんからは

「ずっと何言ってるかわかんない」


マリエさんにも

「途中からどんどん遠くに行っちゃってw」

と、2人から突っこまれてしまいました。



頑張っている人にアドバイス


アドバイスー長井 秀興さん


夢や目標に向けて頑張っている人たちに向けてのアドバイスを伺うと

「僕もまだまだ夢や目標を追っている立場」としながらも

まず一歩を踏み出してみる」ことが大切だと言います。


失敗しても、踏み出し続けていくことで、気づいたら少し目標に近づいていたり、周りで応援してくれる人が現れたりするということでした。



長井さんにとって応援とは?


長井 秀興さんにとって応援とは


長井さん

「意思がある人、その意思の向く先に向かって、背中を押してあげることかなっていう風に思っています」


ご自身もそういった応援によって今の立場があり、今後も目標に向かっていけるという経験から、チャレンジしたいという人の背中を押してあげられる存在になりたい、と語ってくれました。



最後に宣伝・告知があればどうぞ!


告知ー長井 秀興さん


長井さんからのメッセージ


「意思を持って次のチャレンジをしたい、

将来経営者になりたい、

こういう働き方したい、

食っていけるスキルを身につけたい、

そういう前のめりな意思を持った方と一緒に働きたいと思っているので、もしそういう方とかいらっしゃったら、一緒に働けたらなという風に思っています」



興味のある方は是非しるし株式会社のウェブサイトを見てみてくださいね!


しるし株式会社ウェブサイトはこちらから




▶▶【KiKYU】アプリのダウンロードはこちらから!◀◀


頑張ってる人の毎日を応援し合うSNS「KIKYU」


今回お届けした「KiKYU」2023年3月5日(日)配信分の内容では、しるし株式会社の長井さんからお話を伺いました。


普段私たちが日常的に利用しているECサイトも、実は長井さんたちの手によってブランディングされているのかもしれませんね。


ブランドがそのブランドイメージをキープしてくれることは、私たち消費者にとっての安心や信頼にもつながります。



しるし株式会社のこれからの活躍に期待をしつつ、KiKYUと共にどんどん応援していきましょう!


世界の状況は、現状で決して楽観視できるものばかりではないかもしれません。しかし、1人ひとりの「頑張ってる人を応援したい」「夢に向かって頑張りたい」という気持ちが大切にされ、増えていけばきっと、まずは1人の周りからポジティブな輪が広がっていくのではないでしょうか。

 

頑張ってる人の毎日を応援する番組「KiKYU」では、毎回いろいろな夢や目標を取りあげながら、頑張ってる人を全力で応援していきます。見るだけで元気になる番組「KiKYU」。今後の配信もどうぞお楽しみに!

  


チャンネル登録はこちら

 

頑張ってる人の毎日を応援する番組 KiKYU

 

ぜひチャンネル登録をして更新をお待ちください!

 

▶▶ YouTube 「KiKYU」公式チャンネル ◀◀

YouTube インタビュー 夢の叶え方 経営者

関連記事

ピックアップ

ランキング

オススメ

カテゴリー

アクセスランキング

トップへ戻る