[夢を語れ]ありったけの親孝行を夫と}

[夢を語れ]ありったけの親孝行を夫と

2022.04.05 プレビューアイコン222

誰かに感謝を伝えたい、なりたい自分に近づきたい、夢は十人十色でそれぞれです。

今回は「自分の両親へ思いっきり親孝行したい」という夢をご紹介します。


夫と共に、自分の両親、そして夫の両親へ、長年の感謝を込めて親孝行をしたい…。

この思いのうらには、どんなストーリーがあるのでしょうか。



結婚後、夫婦でお互いの実家の中間点に住む


私は実家のある岡山県内で就職し、両親と同居を続けていました。

そんな私が結婚を決めた彼は長男でしたが、彼は「双方の両親を同じように大切にしたい」と言ってくれて、お互いの実家の中間地点に新居を構えました。



夫と親孝行を積み重ねる


共働きでもあり通勤など大変な面もありましたが、お互いの両親へ同じくらいの頻度で顔を出し、私の実家では料理が得意な彼と二人で手料理を作って喜んでもらったこともあります。


ときにはお互いの両親と一緒に出掛けて食事やバーベキューをしたりし、たくさんの思い出を作ってきました。


私の両親の方が高齢なこともあり、入退院が何度もありましたが、彼は自分の親のように介抱や介護をしてくれました。

私の両親は、そんな優しい彼と、彼を選んだ私を本当に可愛がってくれました。



夢は親孝行をこれからも続けること


結婚して25年が経ち、現在は私の両親もお義父さんも亡くなり、お義母さんだけが1人暮らしをしています。

親孝行できるのはお義母さんだけになった今、ありったけの親孝行をしていきたいと決心しています。



「親孝行を続けていく」という夢



今回ご紹介した方は、ご自身の両親だけでなく旦那様のご両親も大切に想い、これからも応援しながら親孝行をしていきたいという夢を持っていました。


身近であり、かけがえのない両親という存在に想いを伝える大切さが伝わってきますね。

これからもお義母様にその想いを込めた親孝行ができるよう、応援しています。


「頑張る人の毎日を応援し合うSNS KiKYU」は、暮らしの中の小さな目標から心に決めた大きな夢まで、前向きに進む「誰かの頑張り」を応援し合うSNSです。


自分の夢を投稿して応援してもらうもよし、すてきな夢を見つけて応援するもよし、ぜひあなたらしいKiKYUを膨らませ、高く空に浮かべてください。


<<アプリダウンロードはこちら>>

App Store / Google Play

オススメ

キーワード

トップへ戻る