日商簿記2級に合格!コツは同じ目標を持つ人と同じ空間に身を置くこと}

日商簿記2級に合格!コツは同じ目標を持つ人と同じ空間に身を置くこと

2022.10.26 プレビューアイコン166

私は地方在住の24歳。

以前までは派遣社員として働いていました。


これは、そんな私が、派遣という形態で一生働き続けることに限界を感じ、昔から憧れのあった経理に関わる仕事に就くという夢に向け、日商簿記の資格を取るまでのエピソードです。



夢の仕事に就くため、資格取得を決意


当時の派遣社員だった私は、どうしたら仕事と両立しながらスキルアップができるか考えた結果、日商簿記の資格を取ると経理職に活かせるということを知り、独学で勉強を始めることにしました。


経理職は、企業の資産やその流れを管理する、企業にとってなくてはならない縁の下の力持ちともいえるべき重要な職種です。


中でも基本となるのは簿記で、その要となるのが「仕訳」です。


未経験でいきなり経理職に飛び込むことはさすがに無謀と思い、まずは関連性のある簿記の資格取得を目指すことにしたのです。



自分の性格に合わせた勉強法を考えた


資格を取得するための勉強が始まりました。


私は勉強が得意ではなく、それ以上に『継続すること』がとても苦手でした。


これまでも資格取得を試みて勉強をしていた時期はありましたが、一人で目標に向かってコツコツと地道な努力を一定期間続けることができずに挫折してしまいました。


勉強に限った話ではなく、趣味ですら一時期熱中して楽しんでいたことでも、ある日突然飽きてしまいどうでもよくなってしまう、そのような性格でした。


一人でずっと家で勉強をしていてもまた長続きがしないだろうと思い、考えた結果、周りにも勉強している人がいる空間に身を置いて勉強する時間を作ることにしました。


具体的には、コワーキングスペースやカフェなどです。


土日などある程度まとまった時間が取れる日はコワーキングスペースでじっくりとインプット・アウトプットをし、平日の仕事終わりなど、短時間集中して取り組みたい日はカフェで忘れやすい項目の暗記作業などを行いました。


時には、自分と同じ簿記の資格勉強をしている人を見かけることもあり、そういった同じ目標に向かって努力する仲間を見つけると、同じ空間で勉強をすることがとても励みになり、頑張ろうと思える原動力にもなりました。


家で一人で勉強するのと違って適度な刺激がある勉強の仕方を取ったことで、継続が苦手な私でも、気づけば数か月資格取得の勉強を続けることができていました。



転職で夢に近づけた!


日商簿記2級へ


そして日商簿記2級を勉強し始めてから3か月で、無事に試験に合格。


広告代理店の経理アシスタントとして転職をすることができました。


経理は未経験時代の自分が想像していたよりもずっと業務が多く、且つ他部署とのかかわりが多く大変に感じる場面も多いですが、派遣で限られた業務のみをしていた自分と比べると日々成長できていることに満足しています。


家にこもらず外で勉強するという選択をしたことで、同じ目標に向かい努力する人の姿を見て良い刺激を受けられたことが資格取得に繋がったのだと思います。


今、夢を追いかけている人で、行き詰っていると感じる人には、ぜひ私と同じように、同じ目標を目指す人たちがいる環境に身を置いてみてください。

きっと良い刺激や効果が得られると思います。

夢の叶え方

関連記事

ピックアップ

ランキング

オススメ

カテゴリー

アクセスランキング

トップへ戻る