転生後の目標は歯科開業医}

転生後の目標は歯科開業医

2022.10.14 プレビューアイコン146

もしも生まれ変われるのだとしたら、何がしたいか、どうなりたいかと想像したことがある方も多いのではないでしょうか。


ここでは皆さんの「転生したら叶えてみたい夢」をご紹介しています。


今回は、歯科医師になりたいという方のエピソードです。



歯科医師になって虫歯で困っている人たちを助けたい


転生した後に私が実現してみたい目標は、歯科医師になって、虫歯で困っている人に対して、丁寧に説明をしながら治療をしていくことです。


それは、私は元々虫歯になりやすく、歯科に行って何回も虫歯の治療をしていただいたことがあるからです。


虫歯治療に先立って、私を診てくれた歯科医師は、どのような治療を行い、何回ぐらい通院をする必要があるかなどを丁寧に説明した上で、治療をしてくださいました。

おかげさまで、とても安心して、虫歯の治療を受けることができました。


丁寧な治療でしたので、その後は定期的な検診だけで済んでいます。



歯科医を目標とした学生時代の過ごし方


歯科開業医になりたい


歯科医になるには、まず歯科大学や大学の歯学部の入学試験に合格しなければなりません。


そこで、高校に入学した段階で、自分が入学したい歯科大学や大学の歯学部の過去の入学試験問題を確認し、傾向と対策を練っていく必要があります。


毎日自宅で学習する習慣を身に付ける必要もあると思います。


大学に合格した後も6年間教育を受けることになりますので、自宅で学習する習慣を継続し、卒業に向けて確実に単位を取得していくことになります。


大学では、基礎科目(解剖学、生理学、病理学等)の他に、臨床科目として歯学とは直接関係しない内科学、外科学、眼科学等も学ぶようですので、様々な分野に興味を持つことが必要になってきます。


最終的には、歯科医師国家試験に合格し、歯科医師資格(免許)を取得しなければなりません。


歯科医師国家試験は、既卒者も含めた全体の合格率が60パーセント程度ですので、大学での単位取得とは別に、歯科医師国家試験に向けた学習も計画的に進めていく必要があります。



開業へ向けて


資格を取得した後は、研修施設の指定を受けた病院や診療所等で1年以上の臨床研修を受けることになります。


正式に歯科医師になることができたら、最初は勤務医として、長くても10年程度を目安として治療の経験を積んでいきたいと思います。


それと同時に、勤務先等で歯科医院を経営していくためのノウハウも学んでいく必要があると思います。


勤務医の間に、開業に向けた資金を貯めておきたいとも考えています。

自己資金だけでは足りない場合は、融資先も探すようにします。


休日を利用して、開業する候補先の場所を探すことも必要になってくると思います。


開業については、治療の質を維持していくために、私1人が実際の治療を行うようにしたいと思います。


治療方針については、患者さんの希望により、保険診療だけでなく自費診療も行えるようにしたいと思います。

夢の叶え方

関連記事

ピックアップ

ランキング

オススメ

カテゴリー

アクセスランキング

トップへ戻る