サムネイル画像
【夢の叶え方】「底を見た」あと、夢なんて持てる?
2022.06.23 プレビューアイコン30

応援し合うSNS「KiKYU」には、今日もユーザーから幅広い夢や目標が投稿されています。


ただ一口に「夢を持っていたら楽しい!」と言われても、毎日そんなにキラキラして過ごせないよ!という時だってあります。


今回は【夢の叶え方】の一歩手前「夢や希望ってどうやって心に浮かんでくるの?」について、星咲英玲奈さんの体験から深堀していきます。


自分は何のために生きてるの?と思っていた星咲英玲奈さん


現在、モデル兼芸人として活躍されている星咲英玲奈さん。キラキラした彼女の笑顔を見ていると「きっと順風満帆な人生を生きてきたのだろうな」と感じる人もいるのではないでしょうか。


しかし、KiKYUのYouTube番組でもお話されていましたが、星咲さんはこれまでに人生で3度、命を落としかけた経験があるそうです。そのうちの1回は長い入院生活も伴っていて、まさに「生死をさまよう」状態だったとか…。


そして、番組の中ではこんな驚くような発言も。



引用-----


ずっと私は何のために生まれてきたんだろう……と思いません? 生まれてきた意味みたいな。


でも何もできていない自分が……私は生きていて意味あるのかなみたいな……。


それで死にたかったんです。


-----------


番組で見る彼女の様子からは想像もつかない言葉ですが、星咲さんは一時、生きることにも深く思い悩んでいた時期があったと話していました。「KiKYU」はベースとして、ユーザー同士がポジティブな気持ちで繋がりあって欲しい、という思いがあります。でも、人間いつだって前向きでいられるわけはありませんし、時にはとても深い谷の底に沈んでいまうことだってあります。


でも、そんな時、何かが誰かの浮上のきっかけになったら…、「あなたは1人じゃないよ」という気持ちをシェアできたら…。「あなたは毎日頑張ってるじゃん!すごいよ!」と声を掛けられる場所があったら…。そんな温かい場所を、SNSに作れたら…社会って少しずつ、変わっていく気がするんです。KiKYUも誰かにとって、そんな場所になれたらいいなと、今はそれがKiKYUの夢です。


さて、話は戻りまして…ある時、深く思い悩んでいた星咲さんの気持ちを大きくジャンプさせたものって何だったのでしょうか。


星咲さんを変えた存在はあの人だった


一時期、自分が生きている意味を見失っていたという星咲さんですが、一方では「私は何がしたいんだろう」という思いも持っていたそうです。この「何がしたいんだろう」に向き合った結果、星咲さんは自分が本当に望むものを自ら見つけます。



引用-----


ある日、何がしたいんだろうと考えて、人のことを勇気づけたり元気づけたりする、人を笑わせることが好きだから。


じゃあ何でも、職業はなんでもいい! とりあえず幸せにできればいいか! と思ったんですよ。その時に明石家さんまさんを見たんです。


さんまさん……私の目標の人だと思って笑


そこから夢ノートみたいなのを作ったんです。それは、明石家さんまさんと共演するという夢だったんです。


-----------


星咲さんは「誰かを笑わせることが好き」という自分の「好き」を見つけました。すると「じゃあ、職業は何でもいいから、誰かを幸せにできればいいか!」という思いが芽生えてきたのだとか。そこで星咲さんが大好きと公言する「明石家さんま」さんを目にし、星咲さんは決意しました。


「明石家さんまさんと共演する」と。


ただ、この夢はたくさんの人に話したり、幾度となくSNSでも言っていたそうですが、周りからは良い言葉ばかりで励まされたわけではなかったそうで、中には冷たい言葉、悲しい言葉もかけられてきたのだとか。星咲さんもそうした言葉に心が折れそうになったのは1度や2度ではなかったようです。



それでも、彼女は生死をさまよう壮絶な体験をくぐり抜けてきたからこそ「今、生きているのだから」とあきらめず、自分の夢に向かい、一つひとつステップを踏んでいきました。


そしてついに、星咲さんは念願だった「明石家さんまさんとの共演」を果たすことになったのです。


そんな星咲さん、夢を見出した後に、夢に向かう気持ちについて番組でこう話してくれました。


引用-----


ただその(夢への)道筋を自分がちゃんと明確にして叶えたものなんだなと今なら思うんです。


皆さんも夢があったら「ここに絶対いきたいな」ではなくて、そこにいくためにはどうすればいいのかということを考えて、そこに向かっていってほしいなと思います!


-----------


心身ともに「死」を身近にした星咲さんが、「後悔しないように生きたい」と踏み出した一歩は、夢に向かって明確にしていた「自分のステップ」だったようです。


人間、どんなに頑張っても前向きになれる日ばかりではありませんが、メメントモリ的な状況に立った時、「本当に私が望んでいるのは?」に向き合うと、本気で進みたい道・つかみたい日々への一歩が踏み出せるのかもしれません。


今回の星咲さんのお話を聞いて、漫画オタクな筆者が思い出した某漫画のセリフはこちら。


「チャンスは 準備された心に降り立つ」


頑張っている人の毎日を応援するSNS「KiKYU」は応援し合うSNS



今回は「夢を叶えるとは」の手前「夢を持つって?」について星咲さんの経験を元に深堀しました。


今、とっても活躍している人、キラキラした毎日を送っているように見える人、毎日楽しく過ごしているように見える人…ふと周りを見ると、何だかみんな、自分より生き生きと過ごしていると見えることってありますよね。


ただ、誰しも「見えている面」は一部だけ。キラキラした笑顔の裏で、とっても悩んでいるかもしれないし、笑顔の土台には過酷な背景を超えてきた過去があるかもしれません。


だから、周りと比べて自分は…と思える時は、ちょっと、肩の力を抜いて、自分の鼓動を聞いてみるのもいいんじゃないかなって思います。心臓は、自分の意志に関わらず「生きたい」って動いていますから。


ゆっくり、少しずつ、自分を取り戻したら、自分が本当に心地よいことを見つけられるといいですね。そして、あなたが本当に心地よい日々を送るための「何か」にKiKYUがなれたらこれ以上幸せなことはありません。


carpe diem


今回記事内でご紹介したYouTube番組の回はこちら


▶▶頑張ってる人の毎日を応援する番組「KiKYU」 ー星咲英玲奈さん特集ー◀◀


▶▶記事で読みたい人はこちら◀◀

オススメ