私が実際に試した手軽にできる寄付方法}

私が実際に試した手軽にできる寄付方法

2023.03.27 プレビューアイコン311

寄付を検討されている方にとって、寄付が手軽にできるかどうかというところは大事な部分でもあるかと思います。


ここでは寄付経験がある方々に、実際に行った寄付の経験から、オススメの方法や選び方、考え方など、アドバイスを伺ってご紹介しています。


複数の方に伺っていますので、これまでの記事と重複するものもありますが、重複するものはその分皆さんがオススメするだけの要因があるのだと考えられますので、是非参考にしてみてください。



寄付は現金よりクレジットがお手軽


私は定期的に寄付を行っていますが、私の経験上、クレジットカードを使った寄付の方法をオススメします。


現金での寄付となると寄付する会場に行かなくてはならないため時間の余裕が無いと出来ません。

その点クレジットなら募金箱や会場まで足を運ばなくても、寄付を手軽に行う事が出来るメリットがあります。


決められた場所や時間に捉われる事がなく、オンラインで利用出来るので、いつでもどこでも簡単に実施出来ます。



ポイントの寄付


続いて同じくクレジットカードを活用した寄付で推奨出来るのがポイントを使った寄付です。


多くのクレジットカードでは、利用した金額に対してポイント還元サービスがあります。

このポイントを使って寄付を行う事が出来るサービスが増えています。


私がメインで利用しているクレジットカードでも、ポイントを使って寄付が出来る仕組みとなっています。


しかしポイ活をされている方の場合、せっせと貯めたポイントを全部寄付するというのはなかなか勇気のいることです。

そのため、ポイントの有効期限が迫っている場合や、端数のポイントが有る場合だけ寄付に回す、といった感じで、自分の中でルールを決めて寄付するのがオススメです。


お使いのカードのポイントでそういう仕組みがないか確認してみてください。



振込での寄付


ほかにも振込による寄付も可能となっています。


クレジットカードでの寄付と同様に現地に行かなくても、指定の口座に振り込みを行う事で寄付が出来る仕組みとなっています。


振り込み手続きをする必要がありますが、移動時間などを節約して寄付が出来るメリットがあります。


その場で残高が変わるので、より寄付をしたという実感が得られるのではないでしょうか。



お金やポイント以外の寄付方法


古本


他にもお金やポイント以外でも寄付ができる方法はあります。


例えば、使い終わって着る機会が無くなった古着や読まなくなった古本などを寄付に回す事が出来ます。


寄付だからといって必ず現金である必要はありません。


受け付けをしている団体に問い合わせをして、受け付け可能な物を確認しておくとよりスムーズです。



いずれも簡単に行なえる寄付の方法を、自分の経験からご紹介しました。

時間が無くて寄付が出来ない方は、参考にしてみてください。



関連記事

ピックアップ

ランキング

オススメ

カテゴリー

アクセスランキング

トップへ戻る