私のダイエット体験談~10年前の体重に戻すための目標管理~}

私のダイエット体験談~10年前の体重に戻すための目標管理~

2022.08.30 プレビューアイコン58

数年前からあまり体を動かさなくなっていました。


そんなある日、書類整理をしていた時に、10年前に会社で受けた定期健康診断の結果が出てきました。


「この時は64キロだったのか…」


そうです。気がつけば体重は10年間で7~8キロも増えてしまっていたのです。


うっすら気づいてはいたものの気づかないふりをしていたお腹周りの変化。意を決しておそるおそる触ってみると、明らかにだぶついて存在感を増した脂肪たち。


いや、これは気のせいではない。


自分のわがままボディっぷりに愕然とし、これは何とかしなければまずいぞ…と青ざめました。


ダイエットを決意


「半年で体重を5キロ落とす!」


増えた分を戻したいところですが、いきなり7~8キロを目標にするのは少しハードルが高い気がしました。


まずは、半年で5キロ。


それなら途中の停滞期や若干のリバウンドがあってもおおよそ1か月1キロペースで無理がないのでは、と感じました。


具体的施策を考える


さて、まず何からしようかと考えましたが、昨今の自分の生活で直さなければいけないのは、明らかに夜食だと思いました。


私は甘いものが好きで、ほぼ毎日22時以降にスイーツなどのおやつを食べていました。


夕飯代わりではありません。


いつも20時頃に夕食を取っているにも関わらず、です。


これが日々の楽しみにもなっていたわけですが、同時に「こんな夜遅くに食べるのはホントはいけないのになぁ」という気持ちがいつも頭の中を駆け巡っていました。


そんな背徳感を感じながらも、多忙な仕事へのストレスが溜まりがちだったそれまでの自分は、ささやかな楽しみを辞めようとは微塵も思っていませんでした。


今回、整理をしていて偶然10年前の定期検査の結果を見たというのは何かのお告げかと思い、きちんと目標設定をしてダイエットをしようと考えました。


前述のとおり、具体的には半年で5キロ落とそうと目標設定し、目標管理方法としては週に1回ヘルスメーターで体重を記録していく方法にしました。


ただ、毎晩食べていたスイーツをすぐに完全にやめると、反動によるストレスがかえって悪い結果を招くのではないかと思い、毎日だった回数を2日に1回にし、慣れて来たら週に2回だけにし、と段階的に行っていました。


経過観察



半年で5キロ。おおむねひと月に1キロ。


これは意外に簡単そうで簡単でなかったのですが、週に1回ヘルスメーターで目標管理をしていたので、ダイエット開始当初から、なかなか減らなかったとしてもこれ以上体重が増えることだけはないという安心感は持てました。


そして「これならいける」と確信したのはダイエットを初めて2か月くらいたった時です。


ある日ヘルスメーターに乗ると、体重が67キロになっていたのです。


70キロに限りなく近い数字だったのが65キロの方に向かって進んでいると確信出来、「あと2キロ頑張るぞ」と自分を奮い立たせる気持ちも湧いてきました。


体重が減ってくると身軽になった気分になり、いい意味で自己暗示も出来るように思います。


実はこれを書いている今は道半ばで、達成まではまだもう少し残っているわけですが、ここまでの経過を元に、引き続きコツコツ頑張っていきたいと思っています。

関連記事

ピックアップ

ランキング

オススメ

カテゴリー

アクセスランキング

トップへ戻る