早期退職の夢を叶えたのは「普通の事務職員」でした}

早期退職の夢を叶えたのは「普通の事務職員」でした

2022.07.04 プレビューアイコン120

私はどこにでもいるような普通の事務職員をやっていました。

そんな私が、ずっと夢だった早期退職の夢を叶えたのです。

今回は、その挫折と努力についてお話ししたいと思います。


夢への第一歩、社会人5年目での決断


私が早期退職という目標を持つようになったのは、社会人5年目くらいのときでした。

人によっては全然早いよ!と感じるかもしれませんが、私は5年間の社会人生活の中で、何かに縛られて仕事をするというのが苦痛で仕方ありませんでした。


きっと社会不適合者なのだと思います。


そこで始めることにしたFX。労働以外の収入があれば仕事なんて辞められると思っていたし、そのためには投資がいいという話も聞いていて、その中で自分にもできそうだったFXを始めてみました。


描いた夢への道は甘くなかった


何十時間も勉強し検証を繰り返しているにも関わらず、200万近くあった貯金は、その後4年間であっという間に底をつき、気付けば借金をするまでのめりこんでしまったのです。

ここで一気に挫折を味わいました。

私は所詮凡人で、身の丈に合わない夢を持つべきじゃないんだと感じました。


そんな時、ある出会いが私の運命を変えることになります。

たまたまSNSで知り合った方がFX勝ち組の方だったのですが、私はその方からFXの技術を学ばせてもらえることになったのです。


そこから何かが一気に開花したように、そして今までの負け癖が嘘のように、不思議と勝てるようになりました。


今まで学んできたFXに関する知識、そしてひたすら検証してきた努力、それらすべてが1本の線として紡がれ、目標に近づいていくのを感じました。


その方は言いました。

「私はきっかけを与えただけで、もともと勝てるだけの努力も素質もあったよ」


それからというもの、毎月勝ちを積み上げることができ、気付けば1年間の収支は本業の収入をはるかに上回るものでした。もちろん借金はすべて返済しましたし、このスキルがあれば仕事を辞められると思い、昨年、当初の夢であった早期退職を叶えました。


諦めずに続けたことが実をなすと実感



今思えば、どん底で本当に苦しい挫折を味わっても、諦めずに続けてきたことが良い出会いを導いてくれ、自分の中で夢を叶えられるだけの力を養ってくれたのだと思います。


また、この夢を叶えるにあたっては、私が挫折のさなかにある時も、ずっと応援してくれた家族にも感謝しかありません。


間違いなく家族の応援が力になりましたし、応援の大切さを身に染みて感じています。


夢の叶え方なんて大それたことは言えませんが、やっぱり諦めずに続けるってすごく大切なことなのだと、今は強く思っています。

関連記事

ピックアップ

ランキング

オススメ

カテゴリー

アクセスランキング

トップへ戻る