[夢を語れ]ときめかせたい!ワクワクお弁当に笑顔!}

[夢を語れ]ときめかせたい!ワクワクお弁当に笑顔!

2022.06.03 プレビューアイコン137

誰かに感謝を伝えたい、応援したい、なりたい自分に近づきたい、夢は十人十色でそれぞれです。

今回は「娘にワクワクするお弁当を作りたい」という夢をご紹介します。

無限大の未来が広がる子どもに、愛情を伝えたい、そんな思いがつまっています。



校外学習のお楽しみはやっぱり「お弁当」!


運動会や文化祭といった行事がまだない1学期、子どもたちが楽しみにしている行事は低学年では遠足、高学年になると校外学習や社会見学が行われます。


今年は娘にとって初めての校外学習です。

今までの楽しむだけの遠足から、事前に訪れる場所や施設のことを授業で学び、しおりを作って当日に備えます。

いかにも「遊ぶだけじゃないのよ私たち」と言わんばかりに出来上がったしおりを見せて娘は説明してくれました。


当然、給食ではなくお弁当のため、娘はしおりと一緒にお気に入りのお弁当箱を用意しています。

遠足、校外学習の楽しみはやっぱりお弁当ですからね。



私の「お弁当」の思い出は……


私の母は小さい頃からずっと働いていたため、毎朝、前日の夕食のおかずを自分でお弁当箱に詰めて作っていました。

遠足等でお弁当が必要な時はさすがに玉子焼き等を作ってくれましたが、働く母の朝は戦争です。


遠足当日、友達と一緒にお弁当を食べる時、友達は「何をいれてくれたかな」など楽しそうに言いながらお弁当のふたを開けていました。

見ているだけでワクワクしているのが伝わってきます。


しかし私には不思議でした。


なぜ中身を知らないのだろうと思っていると、友達の家ではお弁当の中身を見ずに持ってきていることが分かったのです。


んー、それでワクワクするのか。


でも私は自分で中身を知っているお弁当にどうワクワクすればいいのか分かりませんでした。



いつもと違う「食事」への愛


娘にはふたを開けた時のワクワク感を持ってもらいたいと思い、保育園の頃から娘が起きる前にお弁当を完成させていました。

そしてお弁当は美味しかったかな、喜んでくれたかなと自分の方がワクワクしながら娘の帰りを待ち、「美味しかった」と言われた時の嬉しさは今でも忘れません。


娘が小学生になった今、いつもより早起きし、お弁当を作る前から口をはさんで来ます。

これではワクワク感がなくなるじゃないか、と思いつつ一緒ににぎやかに作っていました。


しかし娘は帰ってくると「美味しかった。みんなが可愛いと言ってくれた」と笑顔で報告してくれます。

娘にとってはお弁当自体にワクワクするようです。


誰かを大切に思ってお弁当を作る、それが美味しいと喜んでもらえるともっと嬉しい。

誰かの気持ちや反応をワクワクしながら考える、そんなことを感じさせてくれるお弁当は本当に素敵だな、と思います。


次のお弁当は秋の運動会です。今から考えなくては。ワクワク。



お弁当箱に込めるワクワクと夢



今回ご紹介した方は、ワクワクするお弁当をお子さんに作りたい、という夢を持っていました。

この方の作るお弁当のように作る側も、食べる側もワクワクするお弁当をどんどん広げていきたいですね!


「頑張る人の毎日を応援し合うSNS KiKYU」では、暮らしの中の小さな目標から心に決めた大きな夢まで、前向きに進む「誰かの頑張り」を応援し合うSNSです。

自分の夢や目標を投稿して応援してもらうもよし、すてきな夢や目標を見つけて応援するもよし、ぜひあなたらしいKiKYUを大きく空に浮かべてくださいね。


<<アプリダウンロードはこちら>>

App Store / Google Play

関連記事

ピックアップ

ランキング

オススメ

カテゴリー

アクセスランキング

トップへ戻る