全社不採用から逆転!アルバイトを経由してゲームプログラマーという目標に這い上がった話}

全社不採用から逆転!アルバイトを経由してゲームプログラマーという目標に這い上がった話

2022.09.08 プレビューアイコン53

私は今ゲームプログラマーの仕事をしています。


しかしゲームプログラマーになるのは、簡単ではありませんでした。


今日は、私がゲームプログラマーになるまでの紆余曲折のお話をします。


夢のきっかけは小学生の頃の遊び


ゲームプログラマーになろうと思ったのは、小学生の頃に遊んだゲームが素晴らしく、感動を覚えたからです。


そのゲームでは素晴らしいストーリーを体験できました。そして自分でも、人を感動させるゲームを作りたいと思ったのです。


それを機に、私は親が使っているパソコンで、簡単なプログラミングを勉強するようになりました。


高校になると、お小遣いやアルバイトでお金を貯めて自分のパソコンを購入して、さらにプログラミングの勉強に没頭しました。


その後、プログラマー向けの専門学校に入学しました。専門学校で頑張って勉強すれば、ゲームプログラムへの道を進むつもりでした。


狭き門


しかし、入学した後で分かりましたが、ゲームプログラマーになれる人はごく少数だと分かりました。


ゲーム会社というのは、実は多くは存在しません。求人はかなり少ないです。


専門学校の同級生の多くは卒業後、一般企業で事務処理などのプログラマーとして働いていました。一般企業の求人は普通にあります。


それでも私は数少ないゲーム会社の求人へ応募しました。しかしダメです。全滅でした。


ここで一度目指していたものへの挫折を感じ、一般の企業へ就職しようかと、考えを方向転換しました。


残り1社の求人



一般の企業への就職を考えた私でしたが、残り1社だけゲーム会社の求人が残っていたので、とりあえず採用試験だけでも受けてみようと向かうことにしました。


心の中では「やはりダメなのだろうな」と諦めていました。


しかしどうせこれで終わってしまうのならば、小学生の時に感動して遊んだゲームの体験をぶつけてみようと思いました。


後悔だけはしたくなかったのです。


話さないと、自分の中で踏ん切りがつかないと考えたのです。


面接では、あるゲームで感動した子供の頃の体験談をかなり熱く語ってしまいました。


会社の方たちは困惑しているように見えました。


それでも私は自分の思いを余すことなく話すことができたので、これで不採用でも悔いは残らないと思うことができました。


しばらくして、その会社から電話がきて、不採用の結果が言い渡されました。


不採用の話は特に動揺せずに聞いていたのですが、そのまま担当者は続けました。「アルバイトということでやってみる気はあるか?」


かなり動揺しました。電話を切ろうとしていました。


思っていたものとは別の道があった


専門学校での私の成績は中の上ぐらいであり成績の面で不合格にされたようでした。


しかし面接でのあの話の様子を見た担当の方は、情熱があると思ったようです。


そしてアルバイトとしての仕事が始まりました。


ゲーム会社でのアルバイトは勤務時間が不規則でかなりハードですが、ゲームの仕事の末端を経験させてもらえることは、自分にとってとてもためになり、実りのある毎日でした。


アルバイト生活が1年以上経った頃、先輩から「社員になるか?」という話をもらいました。


一度は挫折した目標でしたが、アルバイトになるという回り道をして、無事社員として一人前のゲームプログラマーになれました。


挫折や回り道があっても、目標に届く道がきっとあるということを多くの人に知ってもらいたいと思います。

関連記事

ピックアップ

ランキング

オススメ

カテゴリー

アクセスランキング

トップへ戻る