境遇の似た友人に共感!高卒認定試験への挑戦を応援!}

境遇の似た友人に共感!高卒認定試験への挑戦を応援!

2022.08.15 プレビューアイコン61

インターネットの普及や価値観の変化で、個人の活躍の仕方が多様化されてきた中で、昔ほど学歴などの型にはまった道を進む必要はなくなってきています。

しかしそのような中でも、一度道をそれてしまった人が道に戻るのは、相応の努力が必要になります。


私が応援しているのは、田舎から上京してきて、思うようにいかずに苦労している中で、高卒認定試験を受けることにした友人です。



境遇の似ている友人に自分が重なる


私自身も高校を卒業できていないのですが、私が高校を卒業できなかったのは勉強が苦手だったことが原因です。


しかしその友人が高校を卒業できなかったのはそういったことではなく、両親の離婚などの家庭環境によるものであったようです。

勉強ができる環境ではない中で、だんだんとやる気が無くなり、高校も休みがちになり、そのまま中退したと聞きました。


自分自身も社会に出てから様々な事で悩んだり、苦労をしてきましたので、友人が高卒認定試験を受けると聞いた時は、是非とも合格できるように応援したいと強く思いました。


高卒認定されると、夢に向けて専門学校に通えますし、資格取得や、長い将来にいろいろとメリットがあります。



友人への声掛け


友人が寝不足のように見えたら、一歩一歩夢に近づくために頑張っている日々の努力をたたえつつも、睡眠の大切さを語ったりしました。

頑張り過ぎて倒れたりするのではないかと心配だったからです。


目標に向けて頑張るのは良いけど、焦る事はないよ、焦りすぎると良いことはないよ、などと話しました。


頭が良いのは感じ取っていましたから、普通に勉強していれば必ず合格できると何度も勇気づけて応援しました。

非常に大切な試験ほど、誰でも焦ったり緊張するのはわかりますが、焦らず丁寧に、一問一問取り組んで欲しい気持ちでいっぱいでした。


もし残念な結果になってしまったとしても

続けて来た努力はしっかりと誉めてあげようと考えていました。



無事合格!



そんな頑張りの甲斐もあって、友人は見事に高卒認定試験に合格しました。


普段、感情表現の少ないクールな友人なのに、その時の報告は子供のような笑顔を見せてとても嬉しそうでした。

そんな友人の様子に感動し、私も目に涙があふれ、喜びました。


ほどなくして友人はすぐにその次のステップとして、転職活動を頑張り始めました。


人生は全員が同じように予定通りの順風満帆な道を歩めるわけではありません。

それでも、後になってやり直したり、新しく始めることに期限はないのです。

こうした頑張りで取り戻していける様子を目の当たりにできたことは本当に嬉しく、友人を通して良い経験すら出来たように感じます。


いつになっても諦めずに頑張る人を応援していきたいです。

関連記事

ピックアップ

ランキング

オススメ

カテゴリー

アクセスランキング

トップへ戻る